過敏性腸症候群かもしれない…

日頃から座っている時間が長く運動する事が少ないからか、ここ数年、胃腸の調子が優れない気がしていて、色々と調べたところ過敏性腸症候群かもしれないようなのですが、この症状を簡単に言うなら、腸が神経質になっている状態というような感じでしょうか。

当てはまらないのが過敏性腸症候群になると下痢や便秘を起こしやすいという事です。確かに、昔は緊張して下痢ってた事があったなぁなんて思うものの、今では、そんな緊張する機会もない気がしてます。

微妙…。

でも、ストレスは緊張以外にも普段の仕事で知らず知らずの内に感じているものがあるのかもしれません。特に、パソコンの画面を見続けて色々と作業するというのが、自分では、何も感じていなくても実はストレスとなっている可能性もありますからねぇ。

じゃあ、どんな事が原因となるのか。
ストレス以外にはどんなものがあるのか確認してみると、刺激物が多いそうです。例えば、唐辛子のような辛いものもそうですが、コーヒーのカフェインも良く挙げられるもの。

コーヒーは、心当たりありすぎる位ありますね…。
普段からコーヒーを1日2杯以上飲んでいるだけでなく、その飲み方も仕事中ずっとちょいちょい飲んでいるような状態なので、一番良くないのかもしれません。

でも、こればっかりはヤメられない。
お酒は飲まなくても平気だけど、コーヒーが無いと生活にハリが無くなるので、余程危険信号にならない限りは、続けてしまいそうです。笑

後は、運動する機会というか、ウォーキングをする時間をもうけるようにしたいなとは思いますね。

色々な健康関連の本を読んでいても実感する事ですが、何かしらの症状が改善して長生きしている人の大半は、ウォーキングしているという位、歩くのって大事なようです。

他に改善する方法の前に、悪化するというかあまり好ましく無いのは、前屈みになったり腹式呼吸でおなかを膨らませる事という情報もあります。この時の内臓の動きは、似ていて腸を変に圧迫するだけだそうです。

確かに、前屈みになると痛みを感じやすいので、そうなのかもしれないと思った事と、当てはまる内容からしても過敏性腸症候群の可能性が高いような気がしました。